肌をキレイにするには!日比野佐和子流サプリ!

ホンマでっかテレビや他、数々のテレビに出演され、

アンチエイジングドクターの第一人者として有名な日比野佐和子先生。

46歳とは思えぬ美肌をされてますよね。

昔はアウトドア大好きで毎年真っ黒に日焼けをされていたらしいですが、今では想像もつかないですね。

ある年、ふと危機を感じ色白美肌に!と生活を一新されたそうです。

 

”ホットヨーグルト”や”ホワイトオムレツ” ”首筋冷やし”など、美肌の方法をたくさん紹介されていますが、その日比野先生と・・・

 

日比野先生と同じく、数々の番組やレシピ本も多数出版されていらっしゃる

食のプロフェッショナルとして有名な、管理栄養士の柴田真希さん

自身の長年の便秘を3日で治したことでも有名な柴田さんです。

 

カラダの中からキレイを身をもって実践されている日比野佐和子先生と柴田真希さんですが、

このお二人がアンチエイジングのために開発されたサプリメント!

 

『ベビーのチカラ  スルスル天使』

公式サイトはこちら↓↓↓



お二人の先生がこのサプリを作るにあたって目指したのは

 

” 赤ちゃんの肌 ”

 

プルプルでと~っても柔らかくてキメの細かい赤ちゃんのお肌。

それは特定の人だけでもなんでもなく、私たちみんな赤ちゃんの頃は全員そうだったのです。

それなのに成長につれてだんだん変わってきた・・・。

 

赤ちゃんの肌はどうしてプルプルでとっても柔らかいの?

コラーゲンのサプリも毎日とっているのにあまり変わっていない・・と感じている方も多いのでは?

赤ちゃんの肌は普通のコラーゲンではなく、ベビーコラーゲンのチカラなのです。

 

ベビーコラーゲンの正式名称は ”Ⅲ型コラーゲン” といい、特に肌の弾力を保つ働きをしていて、血管や子宮に多く存在し、女性の若々しさを保つコラーゲンと言われているのです。

でもそのⅢ型コラーゲンは悲しいことに年齢とともに減少していきます。

しかも、食品からは摂取できないコラーゲンなのです。

「じゃあ大人になっても赤ちゃん肌なんて無理じゃない?」と思ってしまいますよね?

 

その肌の弾力を保つⅢ型コラーゲン。

ヒナを紫外線や菌から守り誕生まで導く”卵殻膜”には、そのⅢ型コラーゲンをサポートするチカラがあるのです。

卵の内側にあるたった0.07mmの膜にそんなチカラがあるなんて驚きですね。

だからといって卵殻膜を直接食べてもカラダには吸収されません。

スルスル天使はカラダにしっかり吸収されるよう、独自の加工技術で微粉末化させています。

 

赤ちゃんの肌に多く含まれ、肌の弾力を保つ働きをするベビーコラーゲンのサポートをする卵殻膜。

この卵殻膜は、まだまだ未知のパワーを秘めているそうです。

公式サイトはこちら↓↓↓



 

さらに、『 ベビーのチカラ  スルスル天使 』 には、ヒト由来の乳酸菌、ベビー乳酸菌が配合されています。

このベビー乳酸菌は、女性の産道に多く存在する クリスパタス菌 という乳酸菌で、自然分娩で産まれた赤ちゃんは帝王切開で産まれた赤ちゃんよりもアレルギーへの抵抗が強いと証明されているのです。

いくら外側から頑張ってお手入れしても、内側から健康でないと本当の美しさは現れません。

エイジングケアに欠かせないのは、腸内環境を整えること。

免疫機能をつかさどる細胞の6割が腸内に存在するらしく、腸がキレイになれば自然と見た目のキレイにもつながっていくそうです。

ベビー乳酸菌はその手助けをしてくれるのです。

 

本当に必要な大切なものって、産まれたての赤ちゃんから学ぶものなのかもしれませんね。

 

赤ちゃんのプルプルで柔らかいお肌。

 

『ベビーのチカラ  スルスル天使』

 

で、今日からプルプルお肌を手に入れましょう!

 

いまなら定期購入で

ピンクのとってもかわいいサプリケースがもらえます♪

 

アンチエイジングドクター日比野佐和子先生が太鼓判を押す

『ベビーのチカラ  スルスル天使』

 

公式サイトはこちら↓↓↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です